バナー

歯周病になりやすい人とは

歯周病とは、歯茎などに痛みが出たり、対面した人の場合に、その人の口から異臭がする、嫌な臭いがする、このような病気であり、ただ、実際に歯周病になっている本人の方は、なかなか気づかないケースが多い病気の1つです。歯周病になりやすい人は、どうしても歯磨きが上手にできない人、歯磨きを怠ってしまっている人、また、食事の後などにしっかりと歯磨きが出来ない人、お年寄りの方、などいろいろな方がこの病気にはなりやすいものです。

NAVERまとめに出会えて満足です。

よく、口が臭い、口がにおう、このように言われると、胃が悪いから胃のせいかもしれない、または風邪をひいているから口の調子が悪いのかもしれない、このように考える人もおられますが、上記のように、歯磨きがしっかりと出来ていない場合には、この病気になりやすいものです。

お年寄りの方の場合には、磨き忘れなどがあり、また、若い人の場合には、磨き方が雑であったり、適切に磨けていない、細かな部分まで磨けていない、しっかりと長時間、30分ほど時間をかけて磨いていない、などの理由があり、歯周病になりやすくなってしまいます。

表参道の歯周病についての意見を伺いました。

また、同時に、うつ病などの精神病を患っておられる患者さんの場合、どうしてもうつ病などの薬が、唾液などを出しにくくする物が多いため、唾液などがしっかりと出ないことで、口が渇き、虫歯や歯周病になりやすい、このように言われています。



そのため、薬などの調整や、上記のように歯をしっかりと磨くことが大事になります。