バナー

審美歯科の主な治療について

審美歯科は普通の歯科の虫歯の治療などをさらに綺麗にする歯科治療となります。

歯を白くしたり、歯並びを綺麗にしたり、歯茎の色をピンク色に改善したりすることが目的です。

歯を綺麗にする方法の中には歯の色を白くするために、歯の表面の色素や歯石を除去するクリーニングと、歯の色を白くするためのホワイトニングがあり、歯並びを綺麗にするためには矯正をするかオールセラミックなどによるかぶせ物の治療などを行います。

審美歯科では、詰め物も銀のインレーなどでは目立つということで、天然の歯に近い色で目立ちにくいオールセラミックで治療をすることができます。



金属アレルギーを持っている方も、この治療法ならアレルギーの心配はありません。


また、審美歯科では、歯の隙間を無くすこともできます。
ラミネートベニアという治療法で、歯の表面を薄く削って、オールセラミックなどでできた薄片を貼り付けることにより、歯の隙間を無くす以外にも、見た目を白くしたり、欠けた部分をカバーしたりすることができます。
歯茎を綺麗にするためには、歯茎の黒ずみの原因であるメラニン色素を薬によってとったり、歯科用レーザーを使用したりして治療を行います。



歯茎の形を整えるためには、歯茎整形を行って改善します。



笑ったときに歯茎が見えすぎてしまったりする人にはお勧めの治療です。歯茎の一部が赤かったり、紫色にはれていたりした場合には、歯周病が原因の可能性があり、クリーニングなどで歯石や歯垢を除去して治療を行うことができます。審美歯科では、健康保険が利用できませんが、その分、審美性に優れた治療を受けることができるのが大きな特徴です。