バナー

歯周病はどうしてできるのか

歯周病は、どのようにしてできてしまうのでしょうか。
歯周病の症状としては、歯茎が何だか気持ち悪い感じがする、腫れぼったい感じがする、赤い感じがする、このような自覚症状と合わせて、本人はこれは気づけませんが、とても臭いが酷く、対面した人や会話を行っている人が、その臭いの酷さに辛い想いをすることになります。



歯をしっかりと、適切に磨けていない場合に、このような歯周病になってしまうケースが多く、実際に、自分ではしっかりと磨けていると思っていても、ちゃんと磨けていないケースが多く、特に、何度も食事をしているけれども、しっかりと歯を磨けていない人の場合、どうしても歯に食べかけのゴミなどが残ってしまうため、そこから歯周病になってしまう、このようなケースもあります。

上記のように、自覚出来る症状としては、歯茎から血が出たり、歯茎が腫れぼったい、このようなケースで気づく場合がありますが、なかなか、他人から指摘される、してもらえるケースが少ないため、自覚を分からないと、他の人がかなり不快感を覚えてしまう病気でもあります。

歯周病については、歯科医に行き、歯科医の先生やスタッフさん、歯科衛生士さんに聞けば、おすすめの歯ブラシであったり、磨き方などについて、とても細かく教えてくれるケースが多いです。



また、歯磨きをする際に使う、歯ブラシについても、とても良い物、お勧めの歯ブラシなどを教えてくれる場合があり、とても助かります。